記事一覧
グルコバイとパイナップルでぽっこりお腹を解消できる!?

グルコバイはアカルボースの成分が含まれています。 グルコバイは、糖質吸収抑制機能のある、糖尿病を患う人のために使う治療薬です。 グルコバイは糖尿病治療に使われていますが、糖尿病になる数は増えています。 それには生活習慣が関係する、生活習慣病予備軍がたくさんいるためです。 つまり、肥満気味であったり、既に肥満の人たちです。 健康を守っていくのは、自己管理にかかっています。 肥満の数値が出てるのであれば、健康のためにも痩せましょう。 ぽっこりお腹に悩むのは、どちらかというと男性に多いかもしれません。 女性でもぽっこりお腹を、スリムにしたいと願う人はたくさんいます。 ぽっこりお腹は、エクササイズや筋トレで引き締めて、問題解決をしていきましょう。 ウエストひねりのストレッチをすると、筋肉のコリがなくなって、血行もよくなり、脂肪燃焼効果も高くなります。 たった姿勢で行う、ウエストラインのツイストストレッチもよいでしょう。 体側伸ばしのストレッチは、適度の刺激が与えられますから、やっておきたいストレッチです。 ぽっこりお腹には、腰回しのストレッチも効果的です。 1回でやめないで、できるだけ毎日行うことで、効果はでてきます。 ダイエットに、パイナップルパワーを加えてみましょう。 パイナップルダイエットは、指定メニューを6習慣実践するダイエット方法です。 海外セレブにも人気があり、大幅な減量も期待ができると言われています。 パイナップルには酵素が豊富であり、酵素は体内にある脂肪を分解する作用があります。 ビタミンB1が豊富ですから糖質の分解を助けますし、カラダの新陳代謝を促す効果があるのです。 タンパク質分解酵素は、食べ物の消化を助けますし、健康な胃腸のためにも役立ちます。

2019年11月10日
血糖測定器の平均価格はいくらぐらい?

糖尿病などで血糖のコントロールをしなければいけない人がたくさんいます。 このようなときに必要になるのが血糖測定器です。 これを使うことで食事前や後でも血糖値を測定することができます。 現在さまざまな商品が販売されていますが、比較のポイントとしては、測定時間や測定範囲、記憶容量や必要検体量、サイズや重さや校正と言うことになります。 気になる平均価格ですが、7000円から1万3000円となっています。 現在たくさんの種類のものが販売されているので、自分にあったものを選ぶと言うことが大切です。 血糖値を測定する際には、通常であれば指先から血を採るというのが多くなっています。 しかし血液の量がたくさん必要という場合には指先ではなかなかたくさんの量を採取することができません。 また痛みも大きくなる可能性があります。 したがって測定の際に必要な血液の量は大切になるのです。 また血糖値の測定は1日に何度も行うものなので、正確な値が表示されると言うことも大切です。 そして血糖値測定の際には検査紙や針などの消耗品が必要であるということも忘れずに頭に入れておきます。 この血糖測定器は薬局や調剤薬局で購入することができます。 またドラッグストアで購入することもできます。

2019年10月11日
血糖値は自分でも測れるの?

血糖値とは、血液中にどのくらいのブドウ糖が溶け込んでいるかを示す数値です。 本来ブドウ糖は、エネルギーとして細胞に吸収されますが、糖尿病になるとうまく吸収されなくなります。 するとブドウ糖は、血液に溶け込んでしまいます。 血液中に多くのブドウ糖が含まれていると、血糖値は高くなります。 それはつまり、細胞にエネルギーが運ばれていないということです。 すると、体中がエネルギー不足となり、内臓などがうまく機能しなくなるのです。 血糖値は、生活習慣によって高くなったり低くなったりします。 糖尿病患者はもちろんですが、そうでない人も、自分の血糖値がどのくらいかを把握し、問題があった場合には生活習慣を改善していかなければなりません。 そのためには、日頃からこまめに血糖値を測定する必要があります。 血糖値は、病院に行けば測定してもらえますが、測定のためだけにたびたび病院に足を運ぶのは大変です。 そのため自宅用の血糖測定器が市販されています。 これを使用すれば、血糖値を自分で測れるのです。 指先などに針を軽く刺し、にじみ出た血液を専用のチップに付着させると、それだけで血糖値を知ることができます。 自宅で簡単に測定でき、日々の健康管理に役立てることができるため、血糖測定器は非常に便利です。

2019年09月07日
血糖値の正常値って?年齢別平均血糖値

血糖値とは、血液内におけるブドウ糖の濃度を示したものの事を言います。 ブドウ糖とは、人間が活動をする際にエネルギー源となる成分です。 様々な臓器にとって無くてはならない存在ですが、特に脳にとっては重要なエネルギー源です。 なぜならば、脳以外の臓器は脂肪からもエネルギーを得る事が可能ですが、脳はブドウ糖以外のものからエネルギーを得る事が難しいからです。 そのため、血糖値が低下するという事は、生命に関わる危機的状態に繋がるという事になります。 しかし、ブドウ糖は摂取し過ぎると微小血管に障害を起こす恐れがあります。 なので、正常値を維持する事が大切になります。 血糖値の正常値は一般的には80~100mg/dl程度とされています。 この血糖値の正常値を基本として、年齢別平均血糖値を見てみます。 そうすると、30歳台では男性が96女性が95、40歳台では男女ともに100、50歳台では男性が106女性が104となり、年齢を追うごとに平均値が上昇しているのが分かります。 60歳台に至っては男女ともに112になります。 これらの情報から、年配になるほど血糖値の上昇について気を配る必要がある事が分かります。 意識して食事のバランスを気を付けたり、運動をする機会を増やす等の生活習慣の見直しが大切になります。

2019年08月21日
血糖値は上がりやすく下げにくい

血糖値とは、血液内におけるブドウ糖の濃度の事を言います。 健常な人の場合、空腹時の血糖値は80~100mg/dlで、満腹時には少々上昇します。 人間の血糖値は、下げる働きをするインスリンと、上げる働きをするアドレナリンやコルチゾール等のホルモンがバランスを取る事によって、正常値の状態をキープしています。 ブドウ糖は体を動かすためのエネルギーになる大切な存在です。 しかし、その量が多過ぎると、微小血管等に障害を起こしてしまう場合があります。 そのため、血糖値は高くなり過ぎないように、良いバランスを維持する事が重要になります。 そして、血糖値は上がりやすく下げにくいという特徴を持っています。 それは前述したように、下げる働きをするのがインスリンだけなのに対して、上げる働きをする成分が複数ある事からも窺えます。 どうして、このような仕組みになっているのかというと、血糖値の低下は生命の危機に直結しているからなのです。 人間の体、特に脳は動くためのエネルギーをブドウ糖に頼っています。 脳以外の臓器は脂肪からエネルギーを得る事も出来ますが、脳はブドウ糖以外からエネルギーを補給するのは難しいです。 脳が働かなくなる事は、生命の危機にも繋がります。 そのため、ブドウ糖が足りない状態にならないように、下げる働きよりも上げる働きを厳重にしているのです。

2019年08月06日